男性

評判の右肩上がりなトイズキングに依頼しよう

  1. ホーム
  2. ポイントは保管方法と知識

ポイントは保管方法と知識

古道具

引越しや遺品整理の際に出てくる骨董品は、月日の経過で傷みやすくなっている可能性があるため、早めの処分が望ましいといえます。処分といっても廃棄するのではなく、持ち主は後世に伝えることを使命とし、プロである骨董品買取サービスへ依頼すると良いでしょう。骨董品買取であれば現金に還元できますので、処分関連のムダな費用が一切発生せず、引越し代金や貯蓄にもまわせます。また、近年は地震や冠水が広い範囲で発生しているため、破損や汚損で価値が下がる前に売ってしまうのも工夫のひとつです。骨董品は慎重な取り扱いが必要となることから、入れ物の中にしまい込んだり眠らせたりの家庭も多いことでしょう。しかし、保管中に破損している骨董品は珍しくなく、やむなく廃棄処分のケースが多発しているのです。例えば絵画や掛け軸といった材質が紙である場合、変色やカビの原因となる湿気・温度・あかりの管理が重要となります。専用容器や収納箱の保管により本来の姿が保持され、骨董品買取ではプラスの査定も期待できるでしょう。骨董品の中でも特に人気の陶器においては、破損ですべてが台無しとなってしまいます。変質やひびを発生させる湿気を避け、頑丈な専用収納箱にひとつひとつ保管し、落下や衝撃にも配慮するべきです。このほか、宝飾品は細かいパーツや造形があることから、ほこりやシミの落ちなくなる油汚れに注意します。いずれも素手でなく手袋を使用して触れるようにし、美しい状態を保つことで骨董品買取の査定額がアップするのです。